琉球染織の製造・企画・販売 琉香 ~沖縄 老舗 染め織専門店~

琉球染織専門店 琉香

ホーム 全件表示 > 宮古上布

宮古上布



宮古上布帯
宮古上布帯 【№20537】  

制作者……新里 恵  

原材料……経糸・緯糸:手紡苧麻  

染 色……草木染  

帯の長さ…5m10cm
巾………37cm
   
  
  
 
宮古上布の始まりは、1583年、進貢船を難破から救った夫の功績が琉球王朝に称えられ、
その妻である稲石が綾錆布を王に貢上したのがきっかけであるといわれています。それ以来、
宮古上布は王家御用布に指定され、色上布も織られるようになりました。
1609年薩摩藩の侵略により重い人頭税が課せられ、これまでの色上布が減り紺絣上布が 
主流となりました。
価格:388,800円
注文数:
宮古上布帯
宮古上布帯【№20423】 

制作者……下地 智枝 

原材料……経糸・緯糸:手紡苧麻 

染 色……生成・草木染
 
帯の長さ…5m10cm
巾………33cm   
 
 
宮古上布の始まりは、1583年、進貢船を難破から救った夫の功績が琉球王朝に称えられ、
その妻である稲石が綾錆布を王に貢上したのがきっかけであるといわれています。それ以来、
宮古上布は王家御用布に指定され、色上布も織られるようになりました。
1609年薩摩藩の侵略により重い人頭税が課せられ、これまでの色上布が減り紺絣上布が 
主流となりました。
価格:388,800円
注文数:
宮古上布帯
宮古上布帯【№20594】
 

制作者……平良 幸子
原材料……経糸・緯糸:手紡苧麻
染 色……生成・草木染
帯の長さ…5m10cm
巾………36cm   

 
 
 
宮古上布の始まりは、1583年、進貢船を難破から救った夫の功績が琉球王朝に称えられ、
その妻である稲石が綾錆布を王に貢上したのがきっかけであるといわれています。それ以来、
宮古上布は王家御用布に指定され、色上布も織られるようになりました。
1609年薩摩藩の侵略により重い人頭税が課せられ、これまでの色上布が減り紺絣上布が 
主流となりました。
価格:388,800円
注文数:

宮古麻織21424
宮古麻織 21424
制作者…中曽根雅子
素材……麻〔苧麻〕100%
長さ……13m30cm

※「宮古上布」と「宮古麻織」との違い
宮古上布という名前で呼ばれ、製造販売されている布は「手づくりの苧麻糸」が条件です。
地元の人はこれを「ブー」と呼んでいます。これはもともと原料の苧麻そのものをさす名前でしたが、
今では「手作りの苧麻糸」もそのように呼ばれるようです。手作りのため品質に多少のばらつきが
あります。扱う人がその糸にあった染めや織りをしなければなりません。すべての工程で細心の注意が
必要となるので、非常に時間がかかります。
価格:275,400円
注文数:
宮古麻織21244
宮古麻織 21244
制作者…平良幸子
素材……麻〔苧麻〕100%
長さ……13m30cm

   
※「宮古上布」と「宮古麻織」との違い
宮古上布という名前で呼ばれ、製造販売されている布は「手づくりの苧麻糸」が条件です。
地元の人はこれを「ブー」と呼んでいます。これはもともと原料の苧麻そのものをさす名前でしたが、
今では「手作りの苧麻糸」もそのように呼ばれるようです。手作りのため品質に多少のばらつきが
あります。扱う人がその糸にあった染めや織りをしなければなりません。すべての工程で細心の注意が
必要となるので、非常に時間がかかります。
価格:275,400円
注文数:
宮古麻織20903
宮古麻織 20903
制作者…下地智枝
素材……麻〔苧麻〕100%
長さ……13m20cm    
  
 ※「宮古上布」と「宮古麻織」との違い
宮古上布という名前で呼ばれ、製造販売されている布は「手づくりの苧麻糸」が条件です。
地元の人はこれを「ブー」と呼んでいます。これはもともと原料の苧麻そのものをさす名前でしたが、
今では「手作りの苧麻糸」もそのように呼ばれるようです。手作りのため品質に多少のばらつきが
あります。扱う人がその糸にあった染めや織りをしなければなりません。すべての工程で細心の注意が
必要となるので、非常に時間がかかります。
価格:275,400円
注文数: